カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

ワイヤークラフト初心者でも簡単に作れる!アルファベットシリーズ開始!

どうもカズです。

 

今日から、針金で作るアルファベットシリーズをやろうと思います。

 

なんでかというと、パッと浮かんだからサッと行動に移すようにしないと何もやらずに終わるという虚無感しかなくなる事態を避けるための私にとっての訓練だからです!

 

このブログは頭に浮かんだことをメモして記録に残すことが重要かなって思っています。

そうすれば、自分のやったことが残るし、小さくて単純なアイデアでも浮かんだ作り方を残せば、新しい作り方ができるようになるかもと思ったからです。

もちろん、ブログに慣れるためでもあるし、文章を書く練習にもなるからです。

また。「これなら私(俺)でも作るれるわ!」って思ってもらって始める人が増えたら嬉しいですからね。

 

あと自分で勝手に考えているのが、ワイヤークラフトの作品作りの対象はこの世界全てだということです。動物はもちろん、乗り物だって対象になるし、身の回りあらゆるものをワイヤークラフトで表現できるんじゃないかなと思います(どうやって作るかは作り手次第だけども、それが悩ましいんだけども;)。

 

ただ、

それらを作ろうと思ってもどうやって作ろうかどうやって・・・と考えるだけで終わることもあるし、作ってても「なんか違う」って思ったら手を止めてしまうことが多いこと多いこと。

 

だから

 

思いついたらそれを記事にするんだ!!

ぐらいな気持ちでやっていかないと続かないなと感じた次第です。

 ということでパッと浮かんだアルファベットA〜Zをまでやってみまっする!

 

作り方は、平面と立体の両方を自分なりの作り方で載せようと考えています。

できるだけ簡単に誰でも作れるようなやつをね。

 

私も素人なので、期待してください!!(何をだ?笑)

 

ということで、Aスタート!!

f:id:PeaceKazu:20170612160820j:image

今回は自遊自在(径0.9mm 長さ5M 色トマト)のワイヤーを使っていきます。

まずは図のようにワイヤーの束から8cm切ります。

 

f:id:PeaceKazu:20170612161037j:image

図のように、だいたい2.5cmで折り返します(2回とも)。

 

f:id:PeaceKazu:20170612161218j:image

余った部分で最後の線を作ります。左の針金にギリギリ当たらないところで折り返します。そして形を整えたら一筆書きのAの完成!!

 

長さは目安として出しているだけなので、大きさや形も自由です。

 

続きまして

 針金を2本使ったAです。

f:id:PeaceKazu:20170612163201j:image

8cmを切り出し、半分に折り曲げてAの形にします。半分にできているかどうかを確認したい場合、Aの頂点から左右の長さを測ってみるといいでしょう。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163219j:image

次に3cm切り出しどこに接続するかを決めましょう(自分は図の位置に決定)。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163300j:image

 そしたら3cmのワイヤーの端をUのように曲げ、接続する位置を再度確認します。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163415j:image

 裏返してペンチで挟んで接続した図です。

反対側も同様にやりましょう。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163515j:image

しかし、反対側はこのように少し余ってしまいました。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163542j:image

 そういう時は余分なワイヤーをニッパーで切断しましょう。

 

f:id:PeaceKazu:20170612163629j:image

あとはペンチで留めるだけで完成!!

 

最後は立体を作っていきますよ

f:id:PeaceKazu:20170612183653j:image 

f:id:PeaceKazu:20170612183617j:image

図を参考に同じAの形を2個作ります(汚いメモですみませんね)。

 

それらの角の部分に2.1cm(幅は1.5cmで留める分3mm ×2を含む)を留めていく。

 f:id:PeaceKazu:20170612191159j:image

 留め終えたら完成!!

 

 作ってみた感想は、思ったより難しいし形も多少歪んでしまい、まだまだ甘ちゃんだなぁと感じましたね;

 

 f:id:PeaceKazu:20170612193607j:image

今日のAを並べてみました。

 

手順としては簡単だと思うので、皆さんもアルファベット作ろうかなと思ったら参考にしてみてください。

というわけで、今回はアルファベットシリーズ第1号のAの紹介でした。

 

明日はB作ります。