カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

PPAPのPを針金で作る!

もうブームは終わった感じがしますが、PPAPのPを作っていきます〜。

PPAPはお馴染みの「I have a pen〜♪ I have an apple…あ〜んっApple pen!」「I have a pen〜♪ I have pineapple⤴︎…お〜んっPineapple pen!」「Apple pen〜♪ pineapple pen〜♪…あーーんっPen pineapple apple pen」でございます(文字だと全然伝わりませんね笑)。

 

PPAP繋がりで針金(ワイヤー)でペン(pen)はどうやって作るんだろうなぁ、細いけど丈夫な針金じゃないと持ったらふにゃふにゃしちゃいそうですけどね。

リンゴ(apple)なら赤色の針金で球状っぽくしてヘタは茶色で再現できたらいい感じになりそう。もう一方のパイナップル(pineapple)も太めの円柱っぽくして、金網みたいに亀甲編みみたいにして上の髪の毛みたいなフサフサ部分は…どうしようか浮かばないけど、まぁなんだか作れそう!!

前回はOでドーナツみたいだからスイーツシリーズでもやるか!みたいなことを言いましたが、今回はPPAPに乗っかってフルーツシリーズいけそうですね笑

 

やるかどうかはわかりませんがねっ!!

 

というわけでP作っていきます〜。

 

f:id:PeaceKazu:20170627225154j:image

いつものメモです(左が長さとか留める部分、右は曲げていく順番を記載したものです)。

 

平面のPは2つのパーツから構成されています(上図の右側の緑と赤で色分けしている)。

 

長さの計算を書いておきます。

平面Pの場合、

緑色の部分は4.5(留める分を含む)+ 1.5 + 6.5 = 12.5cmです。

一方、赤色は6.5 + 10.5 + 1.2 + 4 = 22.2cmです。

赤と緑を足すと、22.2 + 12.5 = 34.7cmとなり、これが平面Pを作るのに必要なワイヤーの長さです。

 

立体Pの場合、

立体にさせるにはPがもうひとつとそれを繋げるワイヤー(長さ2.5cm)が必要なので、34.7 × 2 = 69.7cm。

それと繋げるワイヤーは今回、6個使用するので2.5 × 6 = 15cmとなり、これらを足すと、

69.7+15=84.7cmとなります。

 

作る順番は緑色→赤色の順に作ります。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225214j:image

緑色の部分の作成図。

 

まぁこれだけでも一応P。

でもこれじゃ物足りないので、ほんの少し難易度上げたわけです。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225223j:image

赤色部分の作成図。

 

下の部分がPじゃない!と思われるかもしれませんが、ある理由があるためです。あとで説明しますね。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225236j:image

まずは緑色の方から留めます。1番上のメモを参考にして、1.2cmのところで留めます(上図はそれをした後の図)。

そして、赤色の方も幅が1.2cmなるようにして留めましょう。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225250j:image

平面Pの完成図。

 

平面だとこんな感じになります。

どうしても内側と外側とで、繋げてあげないといけないので、このようなPになりました。これはこういうものなんだと受け入れるしかないでしょうかね。

 

平面Pをもうひとつ作成し、長さ2.5cmで切り出したワイヤーの6ヶ所留めていきます。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225301j:image

立体完成図(立って一枚)。

 

先ほど言っていたPの下の部分についてなのですが、そのままPの形にすると立ってくれないんですよ。頭でっかちで、支える足が貧弱なのでね。なのだワイヤーを余分に残しておいて、それを支える足にしたというわけです(お洒落感出てくるでしょ?笑)。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170627225309j:image

立体Pの足の拡大図。

 

足はこんな感じにしてみました。ラジオペンチで先の方を持ち、回転させる要領で曲げると比較的きれいな円を描くことができるみたいです。

この部分はほんとに自由なので、ジグザグにしてもよし、グルグルにしてもよし、ハチャメチャにしてもよいです!!

 

PPAPで並べたい方はPを3つのAをひとつ作ってみてください〜〜。

 

作ってみると意外に大変なのが実感できると思います。ぜひぜひ体感してみてください(勧誘)。

 

以上です。

 

ばいばいぴ〜〜!