カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

V

第22回

今回はVictoryのV!

 

今回も、自遊自在(径:0.9mm、長さ:5M、色:メタリックブラウン)を使います。

道具は、ニッパー、ラジオペンチ、メジャー(長さを測るもの)です。

 

以下の図をご覧下さい。

 

 

                         f:id:PeaceKazu:20170703162731j:image

                                Vのメモ。

 

今回のVはこのメモを参考にして作っていきます。

 

図の説明をすると、

左上のはみ出た線と黒丸は両端を留める部分を表しています。緑色の矢印は曲げていく順番を示したものです。赤丸は立体にする際に2つの平面Vを繋ぐためのワイヤー(針金)を留める部分を表しています。

 

ちなみにスタートは左上からです。

 

ちなみに今回使うの針金の長さは

 

平面Vは(6.5×2)+(1.5×2)+(5×2)(0.5×2)=29cm

 

立体Vは平面Vが2つなので29×2=58cm

 

2つの平面Vを繋ぐワイヤー(長さ2.5cm)が今回、7個使うので2.5×7=17.5cm

 

これらを足すと58+17.5=75.5cmとなります。

 

今までは長さを全部の線に記入していましたが、今回は左右対象なので、同じ部分は省略しました(今までも左右対象の形いっぱいありましたが笑)。

 

ということで、まずは上のメモを参考に曲げてみましょう!

 

そうすると

こんな感じなるかと思います。

 

 

                   f:id:PeaceKazu:20170703162755j:image

                         平面Vの完成図

 

そうしたら同じ形の平面Vをもうひとつ作り、ふたつを長さ2.5cmに切り出したワイヤーで繋いで立体にしていきますよ〜

 

その前に、「留める」の説明をしようと思います(いまさら;)。

 

 

                         f:id:PeaceKazu:20170703162805j:image

                          挟んで曲げる図

 

 Vの端っこをペンチで挟みます(ほんの少し針金がはみ出るぐらい)。

そうしたら、そのまま手首を回転させてU字のような形にします(下の図)。

 

 

                          f:id:PeaceKazu:20170703162814j:image

                                U字の図。

 

これをもう片方に引っ掛けてペンチで挟んでやれば留めることができます(厳密に言うと、挟んだら先端は真っ直ぐなままなので、持ち替えて先端をペンチで締めるという手順です)。

 

 

                          f:id:PeaceKazu:20170703162823j:image

                                留めた図。

 

なるべく隙間が無いように留められると、ぐらつかなくなるのて、留めるときは隙間を作らないように心掛けましょう(意外と難しいです)

 

この要領で留めていき、立体にVを完成させましょう!

 

 

                        完成図はこち

 

                   f:id:PeaceKazu:20170703162833j:image

            立体Vの完成図(寝かせた状態)

 

              f:id:PeaceKazu:20170703162840j:image

            立体Vの完成図(立ってる状態)

 

同じ時間帯に撮ったのですが、角度の影響で写り方が全然違いますね(まぁこれはこれでいいか)。

自立もちゃんとできたので、目標達成です!

下の方は曲げる長さが違ったり、形が崩れるとうまく立ってくれないことがあるので、そこは注意しましょう。

あとはなるべく左右対象になるように心掛けることですね。

 

次回はV兄弟みたいなWを作っていきます。

 

以上でVの紹介終わります、ばいなら