カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

9

 ワイヤークラフト数字シリーズ第9回は「9」を作ります!

 

今回使う針金(ワイヤー)は、頑固自在(径:2mm、長さ:10M、色:小豆-あずき-)です。

ホントに小豆みたいな色です。暗〜い赤紫という感じの色ですね。


針金以外に必要な道具はニッパーとラジオペンチ(先の細いペンチ)、それと長さを測るメジャーです。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225257j:image

「9」のメモ

 

メモには各線の長さが書いてあります。黒丸は端(1cm)を留めますよという印で、赤丸は立体にする際に2つの平面を繋げる針金(長さ4cm)をどこに留めるのかを示したもので、緑色はスタート(S)とゴール(G)、そして曲げていく順番を表しています。

今回も「6」のときと同様に曲げた後と仮定して、2cmの部分の両サイドをスタートとしゴールはそれぞれの黒丸ということになります。

 

必要針金の長さですが
平面「9」の場合
2+3.5+19.5+27+(1×2)=54cm

立体にする場合
平面が2つなので、54×2=108cm
平面を繋げるワイヤー(長さ4cm)が今回は8本使うので、4×8=32cm
これらを足すと
108+32=140cmとなります。

 

 まず、19.5cm→2cm→3.5cm→27cmと曲げていきましょう。

そうすると「9」の下の部分は形になると思います。あとは残りの19.5cmと27cmをカーブさせて曲げたら端を留めるだけで平面「9」の完成となります。

 

留め方について少し説明をします。 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225501j:image

 「9」の内丸を曲げた図

 

丸く曲げたら端1cm分を曲げて、それを留めます。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225511j:image

端1cmを曲げた図

 

先ほどの丸の図から1cm分を上図のように直角に曲げます。そうしたら再度丸の大きさを調整し、図のように直角に曲げた部分の根元が丸の位置に来るようにしましょう。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225414j:image

留める1cmでU字を作った図

 

先ほど直角に曲げた留める分1cmで留めるためのU字を作ります。端から3mmのところをペンチで掴んで丸めると丁度良いU字になります(体感ですが;)。

 

 

 f:id:PeaceKazu:20170715225705j:image

U字を引っ掛けた図

 

U字を作ったら、上図のように留めたいところに引っ掛けます。引っ掛けたときにU字が少しはみ出るぐらいがベストです。はみ出てない場合は足りていないので、もう一度U字を作り直しましょう(曲げたところを戻して曲げると傷がついたり凸凹になり、見栄えは悪くなりますが受け入れるしかないです;)。

それが嫌なら切ってサイズダウンさせるか、もう一度作り直す必要があります。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225721j:image

留めた図(19.5cmの方)

 

引っ掛けたU字のはみ出た部分をペンチで挟んでしっかりと留めます。挟んで閉じて、丸めるように締める感じで留めると隙間なく留められます。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225428j:image

留めた図(27cmの方)

 

どちらも留め方は同じです。19.5cmと27cmの幅は2cmなので留める位置は確認してから留めた方が良いです。

留め終えたら平面「9」の完成となります。

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225748j:image

平面「9」の完成図

 

留め終えたら再度バランスを確認して形を整えましょう。

 

立体を作るには、平面「9」が2つとこれらを繋ぐワイヤー(長さ4cmで、両端1cmずつが留める分で、真ん中2cmは立体の幅の分)を今回は8本必要です。

平面「9」をもうひとつ作ったら、4cmのワイヤーを8本切り出します(最初は一本一本長さ測って切っていましたが、一本切り出したらそれに合わせて切り出してOKです。大体長さは揃います)。

どの場所から留めても構いません。ただ、場所によっては留めるときに邪魔になる部分がありますので、右利きの方は右回り、左利きの方は左回りに留めていくと留めた部分が邪魔にならないと思います。

 

留め終えたら立体の完成です!

 ↓

 ↓

f:id:PeaceKazu:20170715225800j:image

立体「9」完成図

 

 

f:id:PeaceKazu:20170715225810j:image

立体「9」完成図

 

6と9の違いをハッキリとさせたかったのですが、どうも浮かばなかったので足ぐらいしか違いがありません;;

9は丸と斜めの線かぁ〜と思いながら何回かノートに書いてみましたが、斜め線の出っ張りを立体「9」反映させる方法が出てこなかったので形は妥協しました(ちと悔しい)。

ただ、9をひっくり返して6だぜ!!っと言う風にはさせませんでした(見えるっちゃ見えるけど;;)笑

 

いつもながらですが、スマホでの撮影のためどうしてもこの角度で撮らないと影が入ってしまいます。本当は立たせた状態でなるべく正面から撮りたいなぁと思っているのですが、現在はこの角度での撮影が基本になってしまいました(これはこれでいいんですけどね)。もっといろんな角度から撮りたいというのが本音です(そのうち撮影ベースを購入しようかなと思っています)。

自作の撮影ブース(ダンボールに白い紙を貼り合わせたもの)を作りましたが繋ぎ目が入ってしまうことや背景の紙の微妙な曲がりで影が入ってしまうので使用は断念しました(せっかく作ったのに〜;;)。

 

その内、買ってみて撮影してみようと視野にはありますが、そうするかはわかりません。

 

気まぐれな猫のようにやっていきます。

 

今回はここまでにしますニャー!