カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

船の錨NG集、失敗から得られること

どうもカズです。

 

前回の船の錨を作る際に失敗したものを今回は紹介しようと思います。

 

というのも

何事も失敗を積み重ねて、成功と思えるもの(こと)ができる!というのを知ってほしいからです。

 

一発で成功!!

 

…ってこともあるっちゃあります。

 

でも、それを「毎回できますか?」、「常に一回で成功できますか?」と言われるとそれはとてつもなく難しい…不可能と言わざるを得ないですよね。

 

何事もそうだと思うんですよ。

スポーツ、勉強、料理などなど。あと自分なら作品制作も該当しますね。

 

自分はカップアイス(スーパーカップとかMOWなど)を食べる前に必ずフタをゴミ箱にフリスビーの要領で投げ入れて、入ったら食べるようにしています(ゴミ箱に入るまで食べれまてん的な自分ルールです笑)。

なかなか一回で入れることはできないですね。「高過ぎた」、「回転がかかってない」、「指を離すのが遅すぎた」など大抵なんらかのミスで入りません。ゴミ箱に入れるという目標を達成するためには、修正しては投げ修正しては投げを繰り返さなければいけません。

ただ、投げているうちになんとなくコツを掴んで段々と「惜しい!!」という場面が増えてきます。そこからまた投げ続けることで最終的にゴミ箱に入るわけですね!

 

入ったら嬉しい!!(これに尽きます)

 

何を成功あるいは失敗というかというのも考えなければいけませんが、自分の場合は作品制作において「こんな形を作りたい!!」という目標(イメージ)があります。

それをなんとなくでもとりあえず作ってみるんです。そうしたら途中で「あ〜ズレた、これはダメだわ」とか「長さ足りないじゃん…」というように道半ばで倒れてしまうのです(気持ちがね)。

しかしながら、ブログを書き始めてから作品を作って記事にしなきゃ!という使命感に背中に押され、修正を繰り返して自分の中でOKラインの作品ができるまで踏ん張れるようになりました。

 

 

失敗は成功の元という言葉がありますが、失敗したから成功に繋がっていると安易に考えがちですが、

 

  • 失敗という結果から何が原因だったのか?
  • 成功させるためにはどうすればよいのか?

 

という成功への材料だと自分は思います(そうは思っていても、「あなたはちゃんと考えるのか?」と聞かれるとできていないと思いますけど;;)

 

つまり何が言いたいかというと、コツコツ頑張ろうぜ!!ってことです。

 

 

ということでNG集の紹介に移りましょう!

 

 

1つ目

f:id:PeaceKazu:20170816224338j:image

オバケかなんか?の図

 

「なんだこれ?」と思われた方がいると思いますが、元々は錨の形で放置していたものです。しかし、この後の2つ目3つ目を作っているときに「1番下の部分をねじって終わりにしよう!」と思い、形もアレだったのでねじったらこのような形になったわけです。

オバケみたいな形がハロウィンとかで活かせそう!

 

ちなみに1番下をねじるという案はやめましたけどね笑

 

 

 2つ目

f:id:PeaceKazu:20170816174327j:image

 試作2号

 

長さが足りず、途中で終わってしまった船の錨。形が良かったので、余計に悔しい。

 

ちなみに上の丸の部分を見ていただけるとわかるように外丸と内丸のねじり部分は2回巻いています。

この長さで作った場合、2回巻きが内丸と外丸とのバランスが最も良いと感じました(このときは2回巻きでも緩まずしっかりねじることができた)。

 

 

3つ目

 f:id:PeaceKazu:20170816215304j:image

試作3号

 

長さが足りないということで、2cm長くして作ってみたものです。

しかしながら、最初の輪っかを作る段階(1番初めの半分にする作業)で左右を均等にわかられていなかったために、最後で左右長さが揃わず断念した作品です。

 

 

4つ目

f:id:PeaceKazu:20170816215120j:image

 輪っかパーツ

 

 内丸の輪を作る練習で作成したものです。

 

このときに「鎖なんかも付ければぶら下げて飾ることもできるなぁ」と浮かびましたね。鎖も追加しようかなと思います。

 

 

ラスト

f:id:PeaceKazu:20170816174346j:image

合格ライン第1号

 

こちらは最初の試作完成品です。

作り方は上の内丸からスタートして最後は下の両端を留めるというものでしたが、やはり「下の留めた部分が気になる」ということで、作り方を変更することにしたというものです。

これはこれで良かったのですが、前回ご紹介した船の錨完成版の作り方が浮かんでしまったのでこちらはお休みということにしました。

 

 

まとめ

やはり一回作っただけでは形も歪んでしまったり、長さが足りなくなるといった改善点が多く見受けられました。頭の中のイメージの通りに作るのは、それなりの数をこなしていかないといけないなと改めて感じました。

目標の達成には失敗から何を思うのか、どう修正すれば良いのかということを考ることが重要だなと思います。

失敗は悪いことではないと思います。今回、作品制作ではグチャグチャになった形からハロウィンで使えそうなオバケのアイデアを得ることができました。

失敗から得られることは、もしかしたら成功から得られることよりもずっと多く、とても考えさせられるという点で良い経験になるのかもしれませんね。