カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

コーヒーカップ用のお皿が金魚すくいになってしまった

どうもカズです。

 

コーヒーカップのお皿を思いつきで作ってみました。しかしながらお皿とは少し離れた見た目のモノができて少し困惑気味です;

というのもいろいろやっているうちに「この形いいじゃん!」というのが出来て、それを生かそう!ということで進めた結果、「金魚すくい?」と言われんばかりの形になったのですが、無理やりお皿!!ということにしました笑

 

逆に言えばお皿にもなるし、金魚すくいにもなるのだ!!まさに一石二鳥!!なんてね

 

作って気が付きましたが、お皿って意外に難しい・・・。

円2個をつなげればいいかぁと思いますが、自分は円を作る際に針金を重ねて巻いて留めるのがあまり好きではないので、コーヒーカップを作ったときのように両端をU字にさせてそこに別の針金を通して留めるといったこだわった作り方を最近しているので、余計にハードルを上げてしまっています。

まぁ自由に作れるというのが手作り(ハンドメイド)の良いところですから自分でハードルを上げようが何をしようがいいのです。

 

気の向くままに作るのだ!

 

では作り方を紹介するのだ!

 

 

 

[コーヒーカップ用のお皿の作り方]

 

今回は1mmのアルミワイヤーと2.5mmのアルミワイヤーを使います(ワイヤーと言ったり針金と言ったりしますが、どちらも同じです)。あと工具はペンチ(先の細いラジオペンチ)、ニッパー(ワイヤー切るのに使います)そしてメジャー(長さを計るのに使います)を使っていきますよ!

 

 

1)

まず1mmワイヤーを16cmに切り出して半分に曲げます。その半分の中心をペンチで挟んで直角にさせます。

f:id:PeaceKazu:20170925215450j:image

 

 

 

 

2)

半分にしたあとペンチで挟んだまま左右のワイヤーを倒してあげることで、上図のようになると思います(ペンチで挟んだ幅は2~3mm)。

このパーツを6個作ります。

f:id:PeaceKazu:20170925215505j:image

 

 

 

 

3)

6個のパーツをねじってつなげていきます。下図の位置で交差させてねじっていきます(ねじる回数は7,8回)。

f:id:PeaceKazu:20170925215541j:image

 

 

 

 

4)

ねじるとこのようになると思います。この調子で残りもねじってつなげていきます。

f:id:PeaceKazu:20170925215553j:image

 

 

 

 

5)

ねじる強さやワイヤーの角度によってねじった後の長さが微妙に変わってしまうので、できるだけねじり方や回数、ねじる強さは同じにするようにしましょう。

f:id:PeaceKazu:20170925215604j:image

  

 

 

 

6)

6個がつながると下図のようになるかと思います。

最後の端を留めると雪の結晶のような6角形になります。

f:id:PeaceKazu:20170925215617j:image

 

 

 

 

7)

6個ねじった後の中心を見ると、根元が少し緩いようです。さらにねじって根元の緩みを無くしたいです。なるべく根元付近を掴んでねじります(指でねじりました、力を使うので難しい場合はペンチで掴んでねじってもよいと思います)。

 f:id:PeaceKazu:20170925225631j:image

 

 

 

 

8)

しっかりとねじった後は中心の6角形を調節しましょう。

ちなみにねじった部分の長さは約3cmでした。

f:id:PeaceKazu:20170925215642j:image

 

 

 

 

9)

余った針金を再び交差させてねじります(左右ともに2.5cmの長さで交差しました)。

f:id:PeaceKazu:20170925215708j:image

 

 

 

 

10)

最後までねじります、できるだけねじりましょう(できるだけねじりの形が均等になるように意識してねじるように!!)。

そうすると花びらのようになります!(これが今回気に入って活かしたいと思っていた部分です)

f:id:PeaceKazu:20170925215738j:image

 

 

 

 

11)

はみ出た分はカットしましょう。そうしたらカップを乗せてカップの底の大きさに合わせて枠を曲げましょう(左手でコーヒーカップを上から抑えながら右手で6角形のねじり部分を曲げました)。

これで1mmワイヤーの作業は完了です。

f:id:PeaceKazu:20170925215757j:image

 

 

 

 

12)

次に2.5mmワイヤー40cm用意します。

1mmワイヤーの花びら型の端のねじり部分に合わせて円を作ります。2.5mmワイヤーの端は片方を短く、もう片方は長くします。短い方を長い方に巻いて留めます。

f:id:PeaceKazu:20170925215809j:image

 

 

 

 

13)

長い方をくの字にしておくと巻き留めやすかったです。しっかりと巻いてペンチで挟んで固定させましょう。

f:id:PeaceKazu:20170925215820j:image

  

 

 

 

14)

長い方は渦巻を作ります。ペンチで端っこを掴みながらぐるりと手首を回す要領で曲げるときれいな円を描くことができます(コツがいるかも;)。ペンチを使わないと小さな円を作れません(指だと曲げるのに力がかなり必要で、無理をしてしまい指を痛めてしまいます)。

f:id:PeaceKazu:20170925215841j:image

 の!!!

 

 

 

 

15)

渦巻のせいで空中に浮かせようとすると重心が偏ってお皿の中心(6角形)で立ってくれません。なので渦巻を曲げて地面に着くようにしてあげましょう(渦巻)。

これでお皿の完成~~!!

 f:id:PeaceKazu:20170925225833j:image

 

 

 

 

 16)

コーヒーカップを乗せるとこんな感じ

f:id:PeaceKazu:20170925215907j:image

 

 

 

 

[感想]

色が浮いているのもあってかお皿にはとてもじゃないが・・・見えないかなぁ(金魚すくいのほうがしっくりきます?笑)。どっちかというとコースターのほうがピンと来るかもですね。どれもしっくりこない場合は、お花模様の壁掛けとしてみてください(どうにでもなれ~~)。

渦巻が余計というのもあるかもしれないがこれはこれで経験ということにします笑

 

 

花びらのような形になったのが面白くてどうしてもこれを活かしたかったのである!とってつけたような緑の枠であるがツートンカラーにしたらどうなるのかなという疑問を解決せざるを得なかったので試したのだ!!(好奇心には勝てない)

 

この花びらの使って実際にお花にしようかなと思ったり(花びらというか既に花ですが)。いろいろ応用できそうで面白そうですな。

 

最近作ってて思うのが、やはり枠を作るのに苦労するということですね。例えば2mmワイヤーで枠を作るとしたら何センチか重ねて1mmワイヤーで巻いて固定させるという方法が一般的な方法として認知されているそうです。しかしながら自分はそのやり方が得意ではないし、その方法だと段差が生じるので、その枠をつなげるとなるとつなげるためのワイヤーの長さも微妙に長くしなければならないのです。

それが嫌で、今回のように枠は端同士で留めてしまおうというやり方にしています(この方法のほうがしっかり固定できるし遊びもできる)。

 

まぁつまりは自分のやり方で作っていきますということです。

 

ということでお皿もどきの紹介でした~