カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

やっとこさヤットコ君が丸を作ってくれた

 

 

ヤットコを使ってみたら思った以上に便利でびっくりしていますカズです。

 

前回のAmazonアソシエイトの審査に通過できた決定打であったヤットコの購入により、Amazonの広告を貼ることができるようになりました。Amazonでのお買い物は審査に少なからず反映されている気がします。買わない人よりは買う人を採用するみたいな感じで、資格を持ってないより持っていたほうが採用されやすいみたいな感じで有利にはなっていそうです。

広告の貼り方はどうやるんだろという不安がありましたが、はてなブログではAmazonアソシエイトの広告を貼る項目があり、サイドバーから「amazon商品紹介」をクリックして貼りたい商品の広告を検索して選ぶだけで広告を貼ることができるみたいです。

すごく簡単に貼ることができるので機械音痴には非常に助かります。

 

 

ケイバ(KEIBA) プロホビー 丸ペンチ 先細タイプ HRC-D14

ケイバ(KEIBA) プロホビー 丸ペンチ 先細タイプ HRC-D14

 

 

 

[ヤットコの使いどころ]

ヤットコは主にジュエリー作家の方が使用しているイメージがあります。ジュエリーに巻いてペンダントや指輪といったアクセサリーの制作においてヤットコは活躍している印象です(それ以外の用途で使用されているんですか?)。小さく加工したルビーやサファイアといった鉱石やビーズに通して作る作品に使用するワイヤーは細く強度のあるもの(シルバーワイヤーや真鍮のワイヤー)が選ばれるみたいです。ヤットコを使用するワイヤーの太さは0.1mmから1mmぐらいの細さです(あまりに太いと強度の問題上よくないとのことです)。

自分が実際にヤットコの必要性を知ったのが、ワイヤーを用いたジュエリー作品に関する本を買ったのがきっかけです。自分はアルミワイヤーや被膜線を主に使用しているので、ジュエリーように使うワイヤーを使った経験がありません。現状、そういった作品制作をする予定が無いからです(興味はあります)。アクセサリー制作も視野に入れておこうかなぁ・・・わかりませんけど。

 

 

Wire Art Jewelry ワイヤーアートジュエリー 天然石と貴金属ワイヤーで作る上質アクセサリー

Wire Art Jewelry ワイヤーアートジュエリー 天然石と貴金属ワイヤーで作る上質アクセサリー

 

 

 

[実際にヤットコで作った丸を比較]

使用しているワイヤー(針金)は径(太さ)1mmのアルミワイヤーです。練習なのでアルミワイヤーで大丈夫でしょう。ただ、ヤットコの仕様上、太い針金は曲げないようにしてくださいと書いてあったので、1mmより太いワイヤーを使うのは控えたほうがよさそうです。

ヤットコの先端の太さが0.8mmとなっています。先端で掴むのは難しいので、ほんの少し下で掴むとだいたい1mmの大きさの輪を作れます。

ヤットコで掴んでいる側(右側)から順に輪の大きさが約1mm、2mm、3mm、4mm、5mmとなっています。

f:id:PeaceKazu:20171126153527j:image

 丸の大きさ比較図

 

一番大きい丸が綺麗な丸にできました。針金をヤットコに沿って倒したり、ヤットコで針金を挟みながらグルっと回したりすることで丸い輪っかができます。しかしながらコツは少なからず必要なようで、キレイな丸にするには、よく見ながらしっかりとヤットコに沿わせるのが重要そうです。コツがいるとはいえ普通にペンチでちまちま丸めるより、正確にそして綺麗に丸を作ることができます。

注意点は、ヤットコを力強く握ってしまうとワイヤーに跡がついてしまうので、ワイヤーを落とさない程度の力で必要以上に力まないようにすることです(自分は癖で力が入りがちです笑)。

 

 

 [ヤットコで練習]

とりあえず使ってみたくなってしまうので、ぐるぐる巻いてみる。最初は「考えるな、感じるんだ」の精神で巻いていくのですが、丸くできてないときは、やはり考えるのがベターです。

f:id:PeaceKazu:20171126153539j:image

 

8の字や∞が連なっています。作れそうだなぁと思うのが、ブドウとかラベンダーですね。 とにかく丸をいっぱい並べればソレっぽくできそう!ただ、丸をどうやって並べていくか、そこが難しいところです(葉っぱ付けたりするのもね)。

 

 

 

f:id:PeaceKazu:20171126153547j:image

 

上下上下とワイヤーを巻くときに輪が重ならないように巻きました。 こうやって並べたほうがよりラベンダーっぽいですね。違う色のワイヤーと組み合わせてラベンダー作るのも良いですね。

 

そういうわけで、ヤットコは丸作成専用のペンチで、普通のペンチとは違った用途で作品制作に大いに貢献してくれる道具であることがわかりました。 丸を作るのって思った以上に大変で小さい丸は普通のペンチだとほぼ不可能に近いので、ジュエリーアート制作で簡単に丸が作れるのは大助かりだと思います。

 

一方で、大きい丸を作るときはこのヤットコではカバーできません;;

 

なので、ペンやビンなどの丸いものに巻き付けるか普通のペンチでぐるっと回して丸を作るしかなさそうです。綺麗な丸(小さい)が作りたいときは、ヤットコ君が助けてくれるぞ!!