カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

虚無僧を作りたかったけどビールみたいな簡単なバスケットもどきになってしまった

 以前に書いた記事で「編んだら虚無僧(こむそう)できそう!!」なんて意気込んでいたわけですが、今回はそれを実際にやってみた編です。

 

虚無僧をほのめかす記事↓

peacekazu.hatenablog.com

 

やってみる編ですと言いつつ、タイトルでバレてしまっているのは気にせずにその過程を見ていきましょう!

 

ちなみに使用したものは

  • ラジオペンチ(ワイヤーを曲げときににときどき使います)
  • ニッパー(ワイヤーの束から必要な分を切り出します)
  • メジャー(長さを計ります)
  • ワイヤー(太さ2mmのアルミワイヤーのシルバーと太さ1.5mmのアルミワイヤーのゴールド)

です。

 

 

 

[虚無僧?の制作過程]

 

1) まずは枠から

f:id:PeaceKazu:20180306175937j:image

2mmのシルバーのアルミワイヤーを16cm切り出して両端をペンチを使って6cmで直角に 曲げます。すると左から順に6cm→4cm→6cmの長さになります。

 

これを4本用意します。(後の3本も同じ要領で)

 

 

2) うまい具合に八等分

f:id:PeaceKazu:20180306194156j:image

1)の4つのパーツを今度は半分に曲げます。

 

上下左右に並べてみて、余白も含めてなるべく同じ八等分になるように調整します。

 

 

3) 編み始め

f:id:PeaceKazu:20180306225747j:image

2)のパーツの1つに1.5cmのゴールドのアルミワイヤーを1回巻いてからすべての枠に反時計回りに巻いていきます。

 

あの~~

 

編むのに集中してて撮るの忘れてました;;

 

とりあえず完成したのを乗せましたのでどうぞ 

 ↓

 

 [一応完成]

 

4)底面

f:id:PeaceKazu:20180306225726j:image

最初に編み始めの部分を保険として長めに残しておいたところは&みたいな形にして寝かしておきました。

巻き始めが難しくて 上下左右が綺麗に配置できず、よく見るとズレてます。(実物みたらハッキリわかる)

 

底面の編み方は以前のワイングラスの編み方と同じですが、サイドの編み方は少し違います。枠(シルバーのワイヤー)を上、下、上と繰り返し通していき、一周すると上、上(下、下)と重なってしまうところがあるので、 そこでぐるっと返して反対の向きでまた上、下、上と通していき・・・を繰り返して枠の1cm手前ぐらいで最後に一周巻いてゴールドのワイヤーは終了。

余っているシルバーのワイヤーをゴールドのワイヤーに留める要領で倒して固定すれば完成です。

 

 

5)正面

f:id:PeaceKazu:20180306225738j:image

うむ、こうやってみるとズレているのがよくわかる ToT 

 

アルミワイヤーは柔らかいので編むときの力に引っ張られてしまい、まっすぐの状態を保つのが難しいので、一回一回巻くごとに修正が必要です。(巻くことに気を取られて忘れてしまう;) 

 

そしてお遊びにも思える余ったゴールドカラーのワイヤーのお決まりの「の」の字。これも保険として長めに残しておいたのですが、結局大丈夫だったのでグルグルに。

 

 

6) 上から

f:id:PeaceKazu:20180306194248j:image

上から見ると四角形が見えたり、六角形だったり、八角形、十六角形が見えたりと意外な発見があって面白いですが、虚無僧と離れてしまってそんなのどうでもいい状態ですね。

 

何ともビールようなテイストの形になってしまった・・・虚無僧が被っている笠の編み方を知らないので、「こんな感じだろ!」とやってみましたが、そんなに甘いものではなかったですね。

 

いつも思った通りになるわけではないですね・・・悔しいですね。

 

こんな時はビールでも飲んで、ストレスを吹っ飛ばしましょう!

 

自分、そんなにビール好きじゃないですけどね笑