カズの針金(ワイヤークラフト)ブログ

針金人間の小さな世界。

[ワイヤークラフト]立体のカニを作ってみました(甲殻と脚)

f:id:PeaceKazu:20180318184528j:image

 

 

前回はクモを作りました↓ 

peacekazu.hatenablog.com

 

クモを作っているときに「次は何を作ろうか・・・」と考えているときに色々と頭の中で連想していたのですが、どうも足の本数が気になるようで、サソリとかアリが浮かんだのですが、なぜかカニが出てきたんです。

 

おっかにーですね

 

 

 

 

 

 

はい

 

まぁそんなこんなでカニを作ってみましょうということになり、どんな形にするべかねーと思いましたが、抽象的に捉えて形にしてしまおうということで現実のカニをあまり意識せず、自分の中でイメージしているカニを形にすることにしました。

 

最低限カニであるということを意識して、脚、ハサミ、目と甲殻の4つで構成したワイヤー(針金)のカニを作ることにしました。

ただ、まだ未完成なので近いうちに完成させてまた記事にしますが、今回は甲殻と脚をメインに紹介したいと思います。 

 

ここからは語り口調での紹介になりますが、文章のギャップに気になさらずご閲覧くださいませ。

 

 

カニの制作過程]

 

1) まず作ったのは甲殻

f:id:PeaceKazu:20180318184327j:image

ブラウンとシルバーでそれぞれ一本の針金で形作られたものである。

 

まずブラウンの方から見ていこう。ブラウンの針金は100cmぐらいの長さは使ったと思われる。最初に甲殻の形を決めてしまおうということで、両端約40cmを残して針金の真ん中らへんで四角っぽい形を作った。その後余した部分同士を交差させて3周ほどねじり、甲殻に巻いたりしてカニの甲殻の模様を表現してみた。

 

一方のシルバーの針金は、前回のクモの顔が気に入ったということでその模様を参考にカニの甲殻にも取り入れることにした。針金の真ん中からスタートして丸を作って途中で固定させるために巻いたりした。

 

 

2)  上から見ると

f:id:PeaceKazu:20180318184339j:image

1)の反対側であるが、ここはまだ未完成である。自分の乏しい想像力で何とか振り絞ってみたが、形にはならず申し訳程度の枠が残っただけである。何かここに足してカニっぽい形を目指したいと思う。

 

 

3)  脚はこんな感じに

f:id:PeaceKazu:20180318184355j:image

こんな感じかなーというイメージで作ってみたので、カニの脚の構造について深く追求した形にはならなかった。

カニは上下左右(x軸とy軸方向)にしか動かないと言われているが、カニの脚は一本につき7節あるらしく、その単純に思える動作も複雑な体のつくりによってなされているというので驚きだ。(作った後に知った)

リアリティを追及して作るとなると各関節まで作るということになるので、必然的にサイズが大きくなってしまうことや膨大な時間が必要になるので断念した。(上手い具合に簡略するのも必要なのだ) 

 

 

4) それぞれ違う

f:id:PeaceKazu:20180318184414j:image

脚のパーツ

 

一応、脚の長さを微妙に(約1cmずつ)変えておりリアリティをわずかながら追及している。

形も大体こんな感じだろうという漠然としたイメージを反映したもので作りもさほど複雑ではない、むしろ単調である。(ブラウンでおおよその脚の形を作ってシルバーのワイヤーで簡易的な立体化をさせた・・・つもり) 

 

 

5)  ある角度から見ると

f:id:PeaceKazu:20180318184425j:image

四本作ったらボディ(甲殻)に接続してみた。脚を留める良い位置がなかったので、ボディに新たに左右一本ずつ足を止めるための線を追加した。(画像の中央付近のばねみたいになっているところが足を止めた部分) 

 

立体を作るときのポイントは中身の構造も考えることかもしれない。ここを考えないで作ると留めるときに苦労したり、見映えが悪くなってしまいがちなのが今回わかった。(非常に留めづらく何度もペンチで挟んでいたため傷が目立つ) 

 

そしてふと思ったのが、この角度からみると人の手の形に似ているのだ。親指を足したらまさに人の手にも見える立体物になっているだろう。作る過程でも発見はあるものだなぁと思わされた一枚だ。

 

 

6)  裏から見てみると

f:id:PeaceKazu:20180318184440j:image

裏側はこのように足をなるべくそろえる配置になるように心掛けた。この後ハサミを付ける予定だが、そのスペースもギリギリながらちゃんと確保している。問題なのはハサミの形をどのように作ろうか迷うというところだ。(立体的につくるのはどうすればよいものか・・・)

 

 

7) この角度から見てほしい

f:id:PeaceKazu:20180318184515j:image

見てほしい角度がこちらであるが、この角度が最もカニらしいカニを見ることができる角度だと思っている。ハサミ、脚、目、ボディの全要素がバランスよく見えてとても好きだ。やはりカニと言えばハサミに目が行くので、ハサミの形状が良く見えるのが自分の中でポイントが高いのだと思う。

 

いつの間にか目が付いているように思われたかもしれないが、目は脚をつけるための線を足したときに目の形を作った。足場の余りで作ったものなので簡単な作りなのは大目に見てほしい。

 

そういえば、カニのハサミの形状でどのような食性なのかが判別できるという。例えば、細長いハサミの場合はハサミで切断するだけでなくハサミで突き刺すこともあるらしい。また太くて丸っこいハサミは貝殻を割るのに適していているため貝類を捕食しているとか。自分で勝手に海藻を食べる草食系なのかなぁとイメージしていたが、意外にもカニは肉食らしい。(海藻やプランクトンも食べるみたい)

 

 

[まとめ] 

 

今回はカニの甲殻と脚を作りました。(目はおまけ程度) 

カニとわかる形を意識して作ったので、細かいところまでは再現せず自分のイメージを反映させてぱっと見でカニだと思わせるものを作っています。凝った作りではないのでどこかチープな(安っぽい)印象かもしれませんが、今の自分ではこれぐらいの実力なんだと受け入れてとにかく形にすることを目指しています。

 

どんな形になるかはわかりませんが残りのハサミと甲殻を完成させて自分のイメージのカニを完成させたいと思います。

 

カニ食べたい・・・。